合格者の声【合格体験記】

岡山大学(環境理工学部 環境管理工学科) 合格

写真黒川 拓馬 さん
【金光学園高校卒】
1年で必ず成長できる 高校時代、勉強をしないといけないと思いつつ、ダラダラと毎日過ごしていました。 やっと取り掛かることが出来たのは高校3年の夏でした。 案の定、センター試験で大失敗をし、前期試験は不合格となりました。 他の大学に入学することも考えましたが、やはり国公立大学に行きたかったので、浪人をしてもう一度挑戦する事にしました。 岡山進研学院は出欠管理システムによる出欠確認が徹底しているので、サボりぐせのある私でも毎日休まず、通うことが出来ました。 さらに個性豊かな先生方が多く、授業は質が高く、本当に面白くて、楽しんで勉強する事が出来ました。 授業後の自習室でその日の復習をして確実に実力がついていったと思います。 回り道をしましたが、私の岡山進研学院での生活はとても意味のある充実した毎日でした。 人間として成長も出来たと思います。皆さんも諦めずに頑張って下さい。 。

岡山大学(法学部) 合格

写真安信 卓さん
【総社高校卒】
これまでの人生で最高の瞬間  現役時代、私はセンター試験で過去最高点を取り、判定もそれまでになかったB判定とA判定が付きました。 「受験は案外簡単だ」、そう思ってしまったのが現役時代最大の失敗です。 結果は図らずも、前期試験、後期試験共に不合格となり浪人が確定しました。 友達が大学生活を満喫する姿を横目に見ながらの一年・・・。 「どんなに勉強はつらいだろうか」と思いながら、私の浪人生活は始まりました。 しかし、岡山進研学院に通い、仲間ができ仲間との交流が深まっていくうちに、浪人への不安は来年への期待へと変わっていきました。予備校には毎日欠かさず通い、授業は得意不得意に関わらず、すべて一番前で受けると心に決めて、自分のペースを乱さないよう臨みました。 あれほど長く苦しいと思っていた浪人生活も、想像以上に過ぎる時間は速く、進路が決定する友人が出ては、その喜びを仲間で分かち合いました。 センター試験前、身の回りではさまざまなことが起こり、勉強すら手につきませんでした。 しかし、岡山進研学院の先生方はそんな私の精神面までもサポートしてくださいました。もちろん、友人にもたくさん支えられ、今もとても感謝しています。 しかし、これほどのサポートにもかかわらず、結果は一年目とは打って変わって、大コケしてしまい、判定結果はD判定。 「自分はこれ以上勉強をしても辛いだけじゃないか、能力以上の期待と投資を受けてるんじゃないか」と疑心暗鬼になり不安は募るばかりでした。 とはいえ、泣き言を言っても始まらず、二次試験まで第一志望を貫くことを決め、それからの1か月半は、これまで以上にない努力をしました。 受講できる講座は全部取り、質問の全てを講師の先生にぶつけました。 そして、合格者受験番号の中に自分の番号を見つけたときは、これまでの人生で最高の瞬間でした。 この喜びはすべて、岡山進研学院で指導して頂いた講師の方々、先生方、友人、そして家族のお陰です。 一年間、何が起こるか分かりません。 しかし、合格の二文字を勝ち取ることだけを考えて最後まで頑張って下さい。

岡山大学(教育学部) 合格

写真菰口 翔太さん
【大安寺中等教育校卒】
絶え間ない努力の重要性 浪人。「浪」という漢字を漢和辞典で引くと、「さまよう、無駄な事」という意味が出てくるように悲観的な意味が出てきます。 確かに、お金や時間を本来以上に受験勉強に費やさなければならないという観点からすれば、浪人はつらいことだと思います。 実際、自分も浪人すると決まった時はショックや悔しさが込み上げてきたことを今でも鮮明に覚えています。 しかし、合格した今、浪人は悲しいこと辛いこと以上の喜びがあるということに私自身明確に気づかされました。 私は浪人生活を通して小さなことでもコツコツと努力することの大切さ、現役時だけでは得られなかった新たな知識、学ぶことの喜び、楽しさ、そして、何よりも大学の合格を手に入れたのです。 何も、この所産は一人で獲得したものではありません。 自分の親の支援は勿論、岡山進研学院の先生方のきめ細かい指導が自分の士気を鼓舞させ、自分の学力を飛躍させてくれたと思っています。 先生方は私の興味関心を引き出す授業をしてくださるほか、授業後も分からない問題の解説、また添削指導なども親身にそして熱心に行ってくださりました。 今、私が浪人を決めた皆さんに伝えたいこと。それは大学受験が一つの通過点でしかないということです。 以下、綴ることは進研学院の先生から聞いたことですが、肝要なのは、大学合格後大学で何をするかということなのです。 何も、大学受験で自分の人生がすべて決まるわけではなく、自分の人生は大学での自分の行動でいかようにも成り得るのです。 その第一歩として、今皆さんにはここ岡山進研学院でもう一年受験勉強を頑張ってほしいと思っています。 最後に、私から皆さんに「Action may not always bring happiness, but there is no happiness without action. by Benjamin Disraeli」という言葉を贈るとともに、皆さんが努力を日々重ねて悲願の合格をもぎ取られることを心より願っています。 

岡山大学(薬学部) 合格

写真森 千菜美さん
【丸亀高校卒】
充実した1年のために 現役時代は、センター試験も点数が伸びず、二次試験への対策も不十分だったにもかかわらず、「きっと受かるだろう」と楽観的な姿勢で受験に挑んでいました。 その結果すべての大学に不合格になり、浪人することになりました。 岡山進研学院では、毎日の二次対策授業に加えて、毎週土曜日にセンター形式の模試も実施されるため、年間を通して休日も生活リズムを狂わせることなくセンター対策も二次対策と並行して行える事ができ、また普段の授業も高校では教わらなかった実践的な解き方や考え方、基本的な定理や構文の仕組みを徹底して丁寧に教えてくれたので、センター問題はもちろん、苦手だった二次型の問題も徐々に解けるようになり、去年とは違い根拠のある自信が身についていきました。 そして、私はAO入試のために小論文の対策講座と面接対策講座も受講していました。 私自身小論文に限らず何か文章を書くことは苦手で、面接も何を言えばいいのかさっぱりわからない状態でした。 しかし、小論文講座では傾向や構成の仕方、自分の意見を効果的に伝える方法を学び、入試前日まで添削指導してくださったおかげで、本番では自分でも会心の出来といえるほどの小論文を書くことができました。 また、AO対策全般を通して、大学へのアピールの仕方を学ぶと同時に、自分がなぜその大学を目指すのかという理由を再確認することができ、結果的に、本番が差し迫っているつらい時期でも受験勉強のモチベーションを保つことにつながったと思います。 これらの授業や講座と日々の努力の積み重ねが無事合格という結果に結びついたのだと思います。 浪人するということはとても苦しいことですが、志望校合格を目指してあらゆる選択肢を吟味して挑戦するということも良いと思います。 一度落ちたからといって自分の可能性を狭めず、更なる飛躍のために努力することで、浪人生活を少しでもより充実した良いものにできることを願っています。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009