合格者の声【合格体験記】

上智大学(文学部 国文学科) 合格

写真小阪 優芽さん
【広島市立基町高校卒】
大切な1年間 最初のころは、とにかく基礎固めに専念しました。 英語は英単語、文法、熟語、国語は古語、漢文の文法、日本史は用語集…という感じです。 この時点で、現役の頃の自分の基礎が、いかにしっかりしていなかったかが分かって、自分でも驚きでした。 それから、英語は長文の全訳、国語はセンターの古文、漢文の全訳をし始めました。 やり始めた時は、時間もかかり、めちゃくちゃな訳になることも多く、すごく大変でした。 それでも粘って続けていくと、徐々にかかる時間が短くなりました。 夏の終わり頃から、入試問題での実践を始めました。 秋は、伸び悩み、センター直前期には、すごく不安になることもありました。 それでも、何をどう勉強したらいいのか困った時に、すぐに相談できる先生の存在はとても助けになりました。 そして今年、無事に合格できて、今はすごくほっとしています。 浪人をすることになった時に味わったつらさや、しっかりと基礎を確認して、現役の時には吸収しきれなかった事を覚えた1年間は、これからの糧になると思っています。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009