合格者の声【合格体験記】

大阪教育大学(教育学部) 合格

写真森本 万智さん
【明誠学院卒】
思うこと 「進学先なんてなんとかなるかな」当時高校生の私はそう思っていました。 学校の授業はついていけるし、定期テストの成績も悪くはなかったからです。 けれども、私は模試になると点数が取れませんでした。 その状態が続き受験生の夏を迎え少し焦りを感じ始めましたが、まだなんとかなると思っていた私は今まで通りの勉強を変えず自分がいいと思うような勉強を続けていました。 そしてそのままセンター試験を迎えましたが、運よく点数が出るはずもなく私は浪人をすることを決めました。 私は将来体育の教師になりたいと思っていたので保健体育の教員免許がとれる大学への進学を志望しました。 しかし私が志望していた大学の専攻は二次試験に実技があったため、担任の先生と話し合い週に何度か高校の部活に行き体を動かしました。 また、私が志望していた大学の専攻はセンター試験と二次試験の割合が同じで、実技を得意とする受験生が集まることもあり、センター試験が勝負になると考えました。 私は、そこで授業とは別にセンター国語とセンター数学の公開講座を受講しました。 公開講座では問題演習と復習を何度も繰り返し、分野ごとに深く勉強することができました。講師の先生方は時間をかけて分かるまで教えてくださいました。 過去問など自分でも演習ができるようにたくさんの教材をくださるなど自分の実力を伸ばすために、最大限のことをしてくださいました。 先生方のおかげでセンター演習テストや模試などでは徐々に点数を伸ばせ、その嬉しさが勉強に対するモチベーションに繋がり、学力を向上させることができました。 また私が高校生のころに足りなかったものは「復習」と「勉強時間」でした。 まず自分を勉強する環境に置くために、授業後や休日は学校があいている限り自習室を利用しました。授業が終わるとすぐに自習室に向かい真っ先にその日の授業の復習をすることを心掛けました。 すると、初めの数か月は授業とテストの復習を徹底するだけで点数が伸びていきました。今浪人生活を振り返ってみても、徹底的に復習をする習慣を身につけられたことが、志望校合格を勝ち取るためにもとても重要だったと感じます。 最後に私は岡山進研学院で浪人生活を送ることができて本当に良かったと思っています。 なかなか成績が上がらず焦った時も、一年後の自分の姿に不安を感じて辛かった時も、いつも先生方は親身になって私を励まし続けてくださいました。 また、一緒に頑張り続けた友達の存在もとても大きかったです。周りの支えなくして自分一人では絶対に勝ち取れなかった合格です。 私にとって浪人生活は今までで一番苦しくてつらい一年間でしたが、一番充実していたと自信を持って言える一年間になりました。 浪人という一年間をどう乗り切るかが私は大切だと思います。浪人を少しでも明るく乗り切るめに、頑張った先にある志望校に通う自分の姿を想像して、皆さんには頑張って欲しいです。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009