合格者の声【合格体験記】

広島大学(教育学部 第五類教育系コース) 合格

写真川上晃平さん
【岡山朝日高校卒】
浪人したからこそ得たもの 現役時代、私は志望校に落ちてしまい、自分の進路に悩んだ挙句、浪人することを決意しました。浪人生活が始まってからの一か月間は、なかなか気持ちを切り替えることが出来ず、勉学に専念できない日々が続きました。しかし、その後の私はなんとか勉学に励み続けることが出来ました。それは、岡山進研学院の講師の先生方の指導や職員の方々のサポート、そして何より良き友達に恵まれたからだと思います。以下、浪人生活を乗り切るためのアドバイスをしたいと思います。 一つ目は、気持ちの共有できる友達を作ることです。浪人生活では、成績が伸び悩み勉強に嫌気がさす時期が来ます。そんなとき、一番の支えになるのはやはり友達の存在です。なぜなら、昼食時間や勉強の休憩時間に友達とたわいもない話をするだけで、とてもリラックスでき勉強への切り替えがスムーズにできるからです。 二つ目は、自由時間をいかに効率よく使うかです。岡山進研学院は、自主学習時間が比較的多いことが特徴の一つです。この利点を生かしながら、自分を甘やかすことなく勉強を続けるためには、勉強と自由時間のメリハリをつけることが大切です。勉強漬けの日々を送るのではなく、時にはリフレッシュすることで一年を通して安定した成績の向上が見られるでしょう。 最後に、大学生になることができた私は、心から浪人をして良かったと思っています。浪人生活で得られた忍耐力や継続力、達成感は、私が大学生活を有意義に過ごすうえで欠かせないものになっています。浪人生としての一年間は、決して無駄なものではありません。岡山進研学院の卒業生として私も応援しているので、みなさんぜひ頑張ってください。

広島大学(理学部 物理学科) 合格

写真宮下 大樹さん
【岡山城東高校卒】
一 年 間 高三の時、目標と現実のギャップにただただあせるばかりで、勉強に身が入らなくなった私は浪人することになりました。そのため、腰を据えて一年間勉強できるということはすごく嬉しく感じました。結果は第一志望合格とはなりませんでしたが、今の私にとっては結果が必ずしも全てではなく、それまで努力した過程やそこで得た人間関係に大きな価値を感じます。なにより自分に納得することができました。周りの人達には迷惑をかけましたが、浪人できて本当によかったです。このような体験ができたのは家族や友人、そして進研学院のおかげです。浪人するにあたって私が最も恐れたことは、時間ばかりで質のない勉強をすることです。そのため、具体的に自分がどのような学力を身につけたのかいつも考えるようにしていました。それを後押ししてくれたのが、進研学院の落ち着いた雰囲気と仲間の存在です。仲間と共に様々な問題を考えた時間はかけがえのないものです。やれば伸びるということを実感できた一年でした。 最後になりましたが、これからの一年間はみなさんの今後の人生に大きく影響するものになると思います。努力次第で結果は大きく変えられます。体調に気をつけて最後まで頑張ってください。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009