合格者の声【合格体験記】

神戸大学(法学部 法学科) 合格

写真浅野 良成さん
【広大附属福山高校卒】
最後まで戦い抜け! 私は前期試験では別の大学を受けて不合格になり、後期試験で神戸大に進学しました。そのため、私はちょっと他の人とは違う視点で体験記を書きます。後期試験受験者にとって問題となるのは、①前期試験不合格から立ち直れるか、②対策をする時間を取りにくい小論文にどう立ち向かうのか、の二点だと思います。前期試験の合格発表から後期試験の受験日までは、とても短いです。私の場合は中一日しかありませんでした。この期間は長い浪人生活で一番苦しかったです。「自分はこの後、どうなるのだろう?」「何で前期はだめだったのだろう?」「小論文、あまり対策してないけど大丈夫かな?」そんな疑問が頭をめぐっていました。 その一番苦しい時に私を立ち直らせてくれたのが、進研学院でした。前期の不合格を電話で伝えたとき、先生から「浅野の実力なら後期で受かる可能性は十分あるから、最後まで諦めずに頑張れ」との言葉を頂きました。この言葉はだんだんと効果を発揮し、試験当日の朝には「自分、落ち着いて受験すれば大丈夫なんじゃない?」と思いこみ、意気揚々と会場に向かいました。 実力の面でも、進研学院が効果を発揮しました。後期の小論文では、まとめる力が鍵になります。この力は前期のご指導の中で、いつの間にか身に付いていました。前期の勉強もそういった点では意味あるものだったと思います。 進研学院は最後の最後まで味方でいてくれます。苦しい時こそ、先生方に頼りましょう。受験は最終的に笑えればよいと思います。途中で苦しいことがあっても、諦めずに戦い抜いてください!最後になりましたが、進研学院の先生方ありがとうございました。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009