合格者の声【合格体験記】

愛媛大学(法文学部 人文社会学科) 合格

写真植松 拓哉さん
【西大寺高校卒】
浪人生活を振り返って 私は現役時代から国立大学に進学したいという気持ちが強く、国立大学の前期、後期試験のみ受験しましたが、その両方で不合格となりました。浪人生活が始まった当時、私は浪人しているという実感があまりなく、気持ちの切り替えができなかったため、なかなか勉強に専念することができませんでした。しかし、勉強している同じ学院生の姿は、「こんなに勉強している生徒がいるのだから単に浪人したからといって来年必ず受かるわけでもない」と、気持ちを改めさせてくれました。ただ、皆が机に向かっている自習室はありましたが、私は自室のほうが集中できたため、授業が終わるとすぐに帰宅し、学院で勉強している他の生徒のことを思い出しては、奮起して復習や予習をしました。  岡山進研学院では自分の理解度に合った授業を受けられるため、自分の実力に見合った範囲で無理なく勉強ができました。何より、優れた講師の先生方の指導のおかげで模試の成績もぐんぐん伸びました。また、私はこの一年間を無駄なものにしないためにも、短期間で集中的に苦手な分野を学ぶことのできる夏期講習や冬期講習を積極的に利用し、自分の弱点を克服しました。 とはいえ、一年間勉強ばかりするのは非常に苦しいものです。そのため、私は一日の目標を決めて、目標を達成するごとに息抜きの時間を取り入れました。そうすることで集中力を保ち効果的に勉強することができ、志望校合格につながったと思います。

愛媛大学(理学部 物理受験コース) 合格

写真井上 壱貴さん
【岡山県美作高校卒】
浪人という1年間 僕は現役生の時に全く勉強をしていませんでした。センター試験では一番良い科目で6割くらいだったと思います。こんなだったので、前期、中期、後期と全て不合格になり、浪人することを選択しました。 進研学院に入った当初は不安しかありませんでした。しかし、仲間たちと本気で志望校を目指して勉強していくうちに、不安はやる気と楽しさに変わっていきました。もちろん模試や問題演習で良い点が取れなくて、落ち込んだり悩んだりすることもありましたが、友達と話をしたりして軽く息抜きをすることで、次のモチベーションへと繋げていきました。 進研学院での授業は、僕の出身高校の授業と比べると、圧倒的にわかりやすく徹底して学力を上げることに長けていて、授業のレベルと質の差を感じました。こうした授業に刺激されて、現役時代にはほとんどやったことのなかった「予習と復習」も毎日し、その上、合間を縫っては講師の先生が勧めてくださった問題集も勉強しました。そして先生方に質問をしに行くと、どんな問題でも丁寧に教えてくださいました。その結果、着実に自分に「実力」がついていくのを感じました。また、自分の実力に合った授業を選択することができたので、得意科目は応用力を付け、また苦手科目は基礎から学び直せたので、どの科目も点数を伸ばすことができました。 こんな日々の積み重ねが実って合格したときは信じられないくらい嬉しかったです。振り返ってみれば、この浪人した1年間は今まで最も充実したものとなりました。今でも、本当に浪人して良かったと思っています。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009