合格者の声【合格体験記】

香川大学(教育学部 学校教員養成課程) 合格

写真谷藤 亮輔さん
【総社高等学校卒】
後悔しないように 私は現役時代、授業が終わって家に帰ってもなかなか勉強に集中することができませんでした。 「でもまあ、これくらいでいいや」と受験勉強を甘くみていたら、センター試験でつまずき受験した全ての大学に落ち、浪人をせざるをえなくなりました。 私は予備校へは自宅から通いたいと考えていたので、交通の便の良い岡山進研学院を選びました。 通い始めた当初は、本当に成績が伸びるのか心配で、その上慣れない環境ということもあり苦しい時もありました。 しかし、話す仲間もでき、担任の先生や周りの人の支えで何とか勉強も緒につき、頑張り続けることが出来ました。 さて、成績について悩んでいた私ですが、進研学院には成績を伸ばすキーストーンがあります。  一つ目は、充実した講義です。講義では、それまで全く知らなかった知識を得られ、また学んだことを改めて論理的に学び直すことができました。 また、講師の先生方はちょっとした質問にも一対一で、時には指導が長時間に及んでも、私が理解できるまで指導くださいました。 先生方の指導のおかげで「やればできる」という勉強に対して自信を持つことができ、その上、勉強への意欲も上がりました。 なお、習熟度別で科目が分かれていたので、自分の力に合った講義を受けることができました。  二つ目は、気を奮わせてくれる自習室があることです。 私は周りに流されやすい性格だと自覚していたので、授業後は目標に向かって直向きに努力する仲間のいる環境に敢えて身を置きました。 よって、自習室では閉室時間まで勉強をしました。 自分も頑張らねばと思わせてくれる環境は、現役時代よりも勉強の時間と質を格段に上げてくれ、このことも成績が伸びた要因だと思います。 三つ目は、目標に応じて力を伸ばすことのできる公開講座とセンター試験感覚を身に付ける土曜日センター演習テストがあったことです。 講義では基礎からしっかりと理解することができ、さらに添削指導も受けることができました。 ここで培った応用力と演習テストでの実践力が合格を引き寄せくれたと感じています。  最後に進研学院で勉強を頑張ろうとする受験生には、ここで勉強のサイクルを身につけ後悔のない一年を送れることを願っています。

香川大学(法学部) 合格

写真浅野 健太さん
【金光学園高校卒】
自分と向き合い、自分に合った勉強法を昨年の春、私は一年間浪人し、国公立大学を目指すことを決意しました。 しかし、私は高校時代、野球漬けの三年間を過ごし、まったく勉強をしていなかったため、成績は壊滅的なものでした。 このような苦しい状況からスタートした浪人生活でしたが、学院の先生方の的確な指導や事務の方々の精神的なサポートにより何とか最後まで頑張ることができました。 本当に感謝しています。  浪人生活の学習は本当にゼロからのスタートで、何をどのように勉強すればよいのかもわかりませんでした。 そのような状態だったため、まず考えてわからないことはすべて先生に聞こうと考えできるだけ先生に質問をしに行くように心がけました。 また、高校時代にまったく勉強をしていなかった自分に勉強のみを一年間高い集中力をもってやり続けるのは難しいと考え、自分の中でルールを決めて勉強しました。そのルールとは一日授業の時間も含めて10時間勉強するというもので、10時間勉強したらその日の残り時間はテレビを見るなど、リラックスできる時間にしました。 このように、自分に合った勉強法や日々の生活のルールなどを自分で考えて決めることで、高いモチベーションを維持することができ、結果的にセンター試験では現役時代の自分では考えられないような得点を取ることができました。  最終的には、私は志望校に合格することはできませんでしたが、この一年は学力だけでなく、人間としても大きく成長できた一年だと思っています。 浪人生活は長く苦しいものに感じるかもしれませんが、これほど大きく成長できるチャンスは人生の中でもそうないと思います。今の自分と学院を信じて頑張ってください。決して間違いはありません。

香川大学(工学部 電子・情報工学科) 合格

写真梅本 拓登さん
【瀬戸高等学校卒】
自分を見直した一年 私は受験に失敗して浪人生となり、まず最初に自分の今までの勉強方法を見直す事にしました。私の高校時代の受験勉強といえば、とにかくたくさんの問題を解いていくことばかりを考えて、見直しや問題のどこが分からないのかをあまり確認してこなかったと、今までを振り返り感じました。 私の進研学院での生活は、とにかく授業でわからないことがあれば、講師の先生方にその日のうちに質問し解決するという事を目標に掲げ、この一年間それを徹底的に実行しました。講師の先生方はみなさん非常にユーモアが溢れ、教え方もすごく分かりやすい方たちばかりで、私自身とても質問をしやすかったです。授業で自分の理解が浅い所や、苦手なところを自覚し、それを先生に質問をして解決していくという一つのサイクルを守ることで成績は目に見えて良くなりました。 周りの友達が大学に進学していく中で、自分はその場で足踏みをしなければいけないという現実は、浪人生にしか分からない辛さがあると思います。もしかしたら皆さんにとってこの一年は一番大変な一年になるかもしれません。しかし、同時にこの一年は皆さんにとってとても大切な一年です。だからこそ自分を見つめ直し、自分の勉強方法や勉強に対する意識を変えてみてください。きっとその変化はこの一年だけでなく、その先に待っている大学生活でも必ず役に立つと思います。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009