合格者の声【合格体験記】

岡山大(医学部 医学科) 合格

写真納所 直宏さん
【岡山城東校卒】
「学ぶ」姿勢を捉え直す 浪人生として過ごしたこの一年間の中で、自分は勉学だけでなく精神面においても成長できた一年であったと思います。 勉学面においては、授業の予習と復習を行い、解けない問題に直面した時には、授業で解き方を学ぶようにしました。ここで重要なことは、ただ漫然と授業に臨むのでなく、自分の勉強の一環として授業を受けること、つまり分からないことを理解したり勉強の課題を見つけたりする場として授業に臨むということです。言い換えれば、時間を無駄にしないということです。時間は限られていますし、本番まであっという間ですから。 岡山進研学院で一年間勉強する中で、高校時代の自分は勉学に対してあまり真剣でなかったことに気付かされました。取り組んだ問題を復習を通して揺るぎない知識に変える、また、自主的に様々な問題を解くことによって判断や論理の幅を広げる、こういったことを日々ルーティーンとしてこなす、いわば学力をつけるための基本的な姿勢が高校時代には十分ではなかったと思います。しかし、口幅ったいですが結果からして、この一年間、自分に対して自分を貫けたのではないかと思います。 大学合格は一つの通過点に過ぎません。しかし、皆さんの目標はまず、志望校に合格することです。浪人生活は決して無駄にはなりません。しかし無駄にするかどうかは皆さん次第です。大切な時間を有効に利用して精一杯勉学に励んで下さい。また、その時間は自分が目標に向かってどれ程努力できるか改めて考える契機になるかもしれません。こういった点からも、浪人生活を無駄にしないで下さい。サクラサクことを心より願います。

岡山大(医学部 医学科) 合格

写真辻井 彰之さん
【倉敷青陵高校卒】
一日一日を大切に いかにして志望大学に合格するかということを念頭にして過ごした一年でした。あと数点という所で合格できなかった去年の失敗を踏まえた対策が、今年はうまくいったと思うのでそれを紹介したいと思います。 それは「本番のように解く」ことです。私は、いざ問題集を始めようとしている時、授業中に急に質問されても正解できるのかということを常に自問自答していました。また、最も重要なのは復習だと思います。私はテストで一度でも間違えた問題はもちろんのこと、問題集で間違えた箇所をいつ聞かれても答えられるレベルまで徹底していました。 これらを実現可能なものにするために選んだのが、岡山進研学院でした。比較的少人数で授業を受けることが出来たので、気になることはその場で聞いたり、いつでも講師室に質問をしに行くことができるのはとても重要な事だと思います。また、やや得点不足だった数学と地理の先生の授業がとても分かりやすかった事もあり、大幅に得点を伸ばすことが出来ました。 毎日机に向かう姿勢を習慣化し、その日一日を大事に過ごすことで、この一年は今までで一番充実した時間になったと思います。高い志を持って皆さんも頑張ってください。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009