合格者の声【合格体験記】

立命館大学(理工学部 環境システム工学科) 合格

写真坂本 賢矢さん
【玉野光南高校卒】
浪人生活をふりかえって 現役時代、私は継続して勉強をすることが苦手でした。 英単語帳を買ってみては、毎日こつこつ決まった単語数を覚えようと意気込んでみても、明日から、明日から、とどんどん先延ばしにしてしまうような始末でした。 案の定、受験もうまくいかず浪人生活をおくらねばならなくなり、講師の先生方の評価が大変よかった岡山進研学院に通うことを決めました。 岡山進研学院の先生がたの授業はとても分かりやすく熱心なものでした。 苦手科目を基礎・基本から、また、得意科目は実際の入試問題からといった具合に、自分のレベルにあった授業を受けることができました。 先生がたの教え方のなかにもユーモアがあり、とても生徒との距離が近く感じられました。 長年受験生を教えているだけあって、入試に必要な知識を的確に教えていただき、問題を解く上で、なぜこのような導き方をするのかなどの根本的な原因までも教えていただきました。 そのおかげで、例題だけでなくその類似の問題まで解けるような力が身につきました。 私が苦手としていた日々の継続も、授業・自習室・夏期講座を通して周囲の人たちの受験という目標に進んで努力する姿勢に感化され、その中にいるうちに自然と継続することができるようになりました。 仲のいい友達が大学に通うなか浪人生活は苦しく、浪人生活に戸惑いがなかったかといわれれば全くないとは言い切れません。 しかし、この1年間を過ごしたことで人間的にとても成長できたと思います。 そして何より、1年間支え続けてくれた両親と進研学院の職員のかたに心から感謝しています。 最後にこれから受験を迎える皆さん、苦しいことが多いと思いますが、将来、振り返った時に大切で後悔のない日々だったと思えるようにがんばって夢に向かって進んでください。

立命館大学(産業社会学部 メディア専攻) 合格

写真土井 葉月さん
【舟入高校卒】
「浪人する」ということは 「浪人する」ということは、単純にもう一年勉強をするということだけではないと私は考えます。 時間割が割り振られ、授業を受けるのは高校と似ていますが、合格したい、合格しなければならないという、ある種独特な雰囲気に包まれているのが予備校です。 息が詰まるような感覚を覚える人もいるかもしれません。ただ、合格することが絶対的なゴールではありません。 合格のための勉強を通じて、それ以上のことを学ぶことが出来るのもまた予備校です。 せっかく通うのであれば、何かを得なければもったいないと思います。様々な経緯をもった人が集まりますし、講師の方も癖の強い方ばかりです。 いろんな人の話を聞いて刺激を受けられる絶好の機会を逃す手はないと思います。 授業内容においても、合格のための暗記作業ばかりではなく、自身の価値観と向き合うことの出来るものもありました。 特に小論文の公開講座では、パラダイムシフトやコペルニクス的転換のお話など、大学に進学した後も自身の勉学における指針の一つになるようなものに触れる経験も出来ました。 確かに、テストを受けるときは独りです。しかし、その時頼りになるのは誰かの言葉だと思います。 積極的に誰かと話してみてください。思わぬ驚きや発見に出会うと共に、モチベーションの維持向上にも役に立つと思います。

合格体験記 一覧

喜びの声 一覧

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) Okayama Shinken Gakuin All Rights Reserved.
資料請求はこちら
お問い合わせはお気軽に
フリーダイヤル0120-258-009